おやさいルーツの旅~神谷さん編~

スコホーに並ぶおやさいの、生産者さんを紹介する「おやさいルーツの旅」。
今回も、大原にやってきました。








くっきりと濃い緑があんまり美しいもんで、、、つい何枚も撮ってしまいます。

この小松菜を作っているのは、「オーガニックファームこうや」の、神谷昭毅さんです。



農場は大原に数か所。
作付けは収穫を長く持続できるように―
同じ野菜でも、種をまく時期で生育や虫のつきかたが大きく変わる―
いろんな学びを、定期的に振り返っては、また工夫して実践し…
「ようやく納得できるものが作れてきた」と話します。

小売りはもちろん、市内のNPOに協力して
ファミリー向けの体験農園なども展開している神谷さん。詳しくはFacebookオーガニックファームこうやのページをご覧くださいね。

「数年内に有機JASの認定をとって、いつか全国に発送していけるくらいに」
「やるからには、プロに認められる野菜を作りたい」
 お話していると、目標とビジョンをしっかり持ってやっているんやな~
って伝わってきます。

農業を「商い」として、まっすぐ向き合っている。




で、すっかり、ヤリ手な若手農家!ってイメージがついた神谷さんですが…
なんと京都の呉服屋さんで生まれ育ち、その仕事に就いていたときもあるそうな。

なるほど、どうりで〝チャキチャキ〟してはるはずです(笑)

「昔から、自分の体を使わんと気持ち悪いんですわ」と、
職人や生産者への憧れがあったという昭毅さん。
さまざまなきっかけもあり、呉服屋から「農家になる!」と突如転向。

…こういう熱くて行動力のある男性のそばには、
たいてい、いるのですヨ。。
穏やかな笑顔でしっかり支える美人妻が。


あ、いた。




奥さまの、神谷みのりさん。

「みのりちゃん!いけるで!もうこのニンジン、ええ感じや!」
と、ほんとに嬉しそうな昭毅さんを、嬉しそうに見てはります。

呉服業界で知り合って結婚したお2人。子どもさんも小さいときに、
昭毅さんの「農家になる!」に「ええー!」と驚きながらも、
「言い出したら聞かないし(笑)」とみのりさん。



みのりさんは、畑の日常などもブログでつづっておられます。


ところで、お2人には小学生と年中のお子さんがいはります。
肉食系のムスメをもつ身としては、つい気になる質問を…

子どもたち、野菜、食べますか?

「食べますよー。というか、ニンジンなんか待ちに待った!て感じで、自分で土を落としてかじって『おいしーーーっ』って叫んでます(笑)。ウチの子どもたちは、野菜を買うっていう感覚がないから、それぞれの野菜が畑で採れるようになるまで、待ち望んでるんでしょうね」(みのりさん)

…なんと素敵な。
これぞ、食育。

神谷さんの野菜の味は、
どこかの高名なシェフなんかが認めるより、
この話のほうが何倍も説得力あるわ~~、と感動した次第です。







Posted in . Bookmark the permalink. RSS feed for this post.

Leave a Reply